前へ
次へ

車を例とした場合の道路交通法です

車を例とした場合には、日本国としては全国統一の道路の交通法があります。
つまりは道路上でこの規則は守って下さいと言う法律です。
当然の事ながら、守らなければ罰則となる訳です。
まず一つには、道路上で車が走る速度を守る事です。
日本全国には様々な道路があります。
そしてその道路の状況、及び環境周辺に於いて、速度が決められています。
その速度を守って下さいと言う法律です。
一般的な車の法定速度は4キロです。
但し、その道路事情と周辺環境に於いて30キロの道路もあります。
そして中には50キロと言う道路もあり、または60キロと言う道路もあります。
その場所、場所での速度、道路の沿道に標識で掲げられていますから、その数字を守ると言う事になります。
もし仮に、その速度を守らずに速度超過をした場合には、道路交通法違反として罰せられることになります。
そして運転している以上は、他車には迷惑を掛けないと言うのが前提と言う事になります。
道路に標示してある規則を守る事がルールです。

Page Top