前へ
次へ

車社会に於いての法律で一番重い罰則です

車社会に於いての法律で一番重い罰則と言うのが、交通事故、しかも相手の車の中で死亡者が発生した場合です。
しかも、悪質な運転にての交通事故の場合は、犯罪行為と見なされてしまう場合があります。
それが速度を度外視で超過している場合と、あらゆる道路交通法を無視しての運転であった場合、そして確実には、酒酔い運転と言う事になります。
つまり自動車運手の場合は、常に身体が正常心でなければ運転を控えると言うのが基本です。
車内で定員オーバーで、しかも盛り上がりながらの前方不注意で、横断歩道を渡っている歩行者に気付かずに歩行者を撥ねてしまった場合も想像されます。
他に自意識過剰での飲酒して泥酔状態になったままでの運転も想像されます。
これらの行為は道路交通法違反として、厳重に処罰に値すると言う事になります。
度が過ぎる速度超過の場合もそうですが、酒酔い運転や酒気帯び運転の場合は、確実に、自動車免許取り消しと言う罰則となります。

Page Top