前へ
次へ

一身近だからこそ知っておきたい道路交通法です

18歳になれば、男女共に自動車免許を取得する事が出来、晴れて自動車を運転する事が出来ます。
ですが、初心者の運転者は中々、すぐさま頭の中には道路状況と言うのが把握できない場合が多いです。
一番分かりやすいのがスピード違反です。
しかも、この違反の場合は、どこで測定されているかが分からないと言うのが大半です。
超過した速度で罰則となりますから気を付けるべきです。
そして次に挙げられるのがシートベルトと、運転中の携帯電話です。
この行為も道路交通法で数年前から改正されて罰則の基準となっています。
シートベルトはもし万が一には命を救うと言う命綱でもあります。
義務付けられています。
そしてもう一方の携帯電話は、簡単ですが片手運転になります。
そして、前方不注意となります。
この前方不注意が何に及ぶか、または繋がるかと言えば、単純に事故に繋がります。
電話の話に夢中になり、前方の高齢者や幼児に気付かないで、事故に繋がる恐れが大と言う事です。
確実に罰則行為に値します。

Page Top