前へ
次へ

車社会で一番裁かれると言う法律にもなります

自動車を運転している中で、やはり道路交通法として多い罰則と言うのが速度超過です。
様々なタイプがあるとも言えますが、道路状況もあり、周辺環境もあり、そして何よりも自動車を運転している運転手のその時の気分にもよる行為と言う事になります。
道路の沿道に縦に長い標識があります。
その標識には30や40、または50や60と言う数字が表示されています。
つまりはこの道路上、この標識のある手前から先はこの数字の速度で走行して下さいと言う規則と言う事になります。
もしその数字以上に速度が確認された場合には、速度超過として罰則と言う事になります。
ただ、この罰則ですが、残念ながら一律と言う事にはならないです。
守らなければならない速度を守らない速度と言うのは、ある意味では速度は上限がないと言う事です。
但し、その自動車が出せるであろう速度と言う事にもなります。
そのために、その法定速度に対して、どのくらいの速度超過であったかと言う事を測定した上での罰則基準と言う事になる訳です。

Page Top